財団ニュース

2016年(平成28年)

2016年2月17日号

マツダ財団 第32回市民活動支援―青少年健全育成関係― 選考委員会を開催しました(2/15~16)


 マツダ財団は、去る2月15日、16日に、第32回(2016年度)市民活動支援の選考委員会を開催し、候補を選出しました。
今回は、事業発足以来、最多(119件)のご応募をいただき、審査選考は慎重に進められました。
(これまでの最高は、第30回(2014年度)の 110件)

 募集に際しては、例年同様に「自然とのふれあい」「ボランティア育成」「地域連帯」「エコ」「国際交流・協力」 「科学体験・ものづくり」の 6分野でのご応募を募りました。
 また、息の長い持続的な支援が求められる「東日本大震災復興支援活動等」や、 市民活動の更なる発展を期待し「次世代のリーダーを育てる活動」などにも期待する としました。

 その結果、広島県91件、山口県28件と、計119件(過去最高)のご応募をいただきました。
 いずれの申請書も、創意工夫を凝らして社会的な課題や子どもたちの育成に取り組む、熱い思いに満ち溢れた内容ばかりで、 審査選考は、大いに悩みながら慎重に進められました。

 1月13日の応募締切以降、選考委員は、これらの申請書を丹念に読み込んできましたが、 2月15日と16日に一堂に会して選考委員会を 開催しました。

 選考過程では、社会的要請度、意欲性や斬新性、実現した際に社会に及ぼす影響度合いなどなど、さまざまな視点から審議を重ねました。 そして最終的に、支援候補が選出されました。
 このたび選出されました支援候補については、3月16日開催予定のマツダ財団 理事会に付議されます。
 理事会で正式に決定されましたらすぐに、ご応募いただいた各団体の代表者様宛に、文書でお知らせするとともに、当ホームページで発表いたします。

 なお、採択された場合は、以下の日程で「贈呈式」を計画しております。

贈呈式(広島県)      2016年4月19日(火) 安芸郡府中町のマツダ本社にて
贈呈式(山口県)      2016年4月22日(金) 防府市西浦のマツダ防府工場にて

 ご応募いただいた皆様には、年度末ぎりぎりまでお待たせして大変申し訳ございませんが、もう少々お時間をくださいますよう、お願い申しあげます。

一覧へ戻る