講演会

第37回 マツダ財団講演会

印刷用ちらし

 マツダ財団では、平成30(2018)年11月21日(水)に、雅楽師の東儀秀樹氏を講師にお迎えして、講演会を開催します。

 日本の最も古い伝統文化「雅楽」は世界基準でも最も古い貴重な存在である。世界の音楽のルーツを日本が守っている意義、そしてそこから見える可能性、さらには伝統と革新とチャレンジの関係について若者たちへ向けたメッセージをお聞かせいただきます。


講 師  東儀 秀樹 氏 (雅楽師)

演 題  「雅楽の価値観と僕の生き方、そして若者へ」
東儀 秀樹 氏(雅楽師)


日 時:
平成30(2018)年11月21日(水) 午後1時30分〜3時(開場 午後1時)
会 場:
広島国際会議場 フェニックスホール
広島市中区中島町1−5(平和記念公園内) TEL(082)242−7777
※手話で同時通訳を行います。
入場無料
聴講ご希望の方は往復ハガキ(124円)(お一人様につき1枚)に、 (1)郵便番号 (2)住所 (3)氏名 を明記のうえ、
平成30(2018)年9月30日(日)(当日消印有効)までに下記宛にお申し込みください。
    ・応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
    ・結果は、10月中旬頃にハガキでお知らせいたします。
    ・返信先が未記入や正確でない場合はお手元に届かなくなる可能性もありますので、
     正確にご記載くださいますようお願いいたします。
    ・お申し込みいただきました個人情報は、当講演会以外の目的では使用いたしません。
主催/公益財団法人マツダ財団  〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3番1号
                       TEL (082)-285-4611

後援/広島県教育委員会、広島県PTA連合会、広島市教育委員会、広島市PTA協議会、中国新聞社、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、NHK広島放送局

往復ハガキの記入方法

講演会一覧へ